企業や社会に対して「生産性向上」「時短」「コスト削減」をもたらすと共にペーパー
レスによる「地球環境の保全に貢献」することが私たちエコマートの役割です。

電子請求書プラットフォームログイン
サイトポリシー プライバシーポリシー お問い合わせ
TOP > ECO関連プレスリリース > 企業 > ポルシェは2022年までにE-モビリティに60億ユーロを超える投資を計画

ECO関連プレスリリース

ポルシェは2022年までにE-モビリティに60億ユーロを超える投資を計画

掲載日:2018年 02月 14日/提供:JPubb/画像提供:ポルシェ ジャパン


プレスリリースを読む

最新のプレスリリース


ポルシェは2022年までにE-モビリティに60億ユーロを超える投資を計画

将来に対する投資の倍増 ? プロダクトレンジの広範な電化

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、未来に向けて前例のない開発計画を立てています。すなわち、プラグインハイブリッドと純粋な電気自動車の両方に重点を置きながら2022年までにE-モビリティに60億ユーロを超える投資を行います。ポルシェAG監査役会の直近の会議において、この決定がなされました。「当社はE-モビリティに対する支出を30億ユーロから60億ユーロ以上に倍増します。今回の決定によって、エンジン搭載モデルの開発と並行して、将来のために重要な進路を設定します」とポルシェAG社長のオリバー・ブルーメは説明します。有形資産に対する30億ユーロの投資と開発費用に対する30億ユーロを超える投資によって、計画は大幅に強化されます。

30億ユーロの追加額の内訳は、5億ユーロがミッションEとその派生モデルの開発、10億ユーロが既存のプロダクトレンジの電化およびハイブリッド化、数億ユーロが拠点の拡張、そして7億ユーロが新しいテクノロジー、充電インフラおよびスマートモビリティへの投資です。

ツッフェンハウゼンでは、新設の塗装工場、専用の組み立てエリア、塗装済みボディとドライブユニットを最終組み立てエリアまで運ぶためのコンベアブリッジを現在建設中です。既存のエンジン工場はエレクトリックドライブを製造するために拡張されており、車体工場も拡張予定です。ヴァイザッハ開発センターへの投資も行われます。ミッションEプロジェクトは、約1200の新しい雇用を創出しています。

純粋な電気自動車のミッションEスポーツカーは、最高出力600PSを発生し、0-100km/h加速は3.5秒以下でこなします。加速と制動を反復しても性能を損なうことがなく、航続距離は500km(NEDC) におよびます。充電時間も非常に短く、800Vのシステム電圧を採用することによって、わずか15分の充電で400kmを走行することができます。

広範囲の急速充電インフラ
BMWグループ、ダイムラーAG、およびフォード・モーター・カンパニーによる合弁事業であるイオニティにおいて、ポルシェは、アウディとともにフォルクスワーゲングループを代表します。この合弁事業の目的は、2020年までに欧州の主な交通路に400ヶ所の急速充電ステーションを建設・運営することにあります。すでに2017年から建設が始まっています。イオニティの事業を補完するために、ポルシェの販売ネットワークも全国的な急速充電インフラの拠点になります。

ポルシェにおいて急速な成功を収めるプラグインハイブリッド
ニューパナメーラの発売とともに、第3世代ポルシェ プラグインハイブリッドドライブを備えた2つのバージョンが加わりました。両バージョンともに電気駆動のみによる約50kmの航続距離を備えます。フラグシップモデルであるパナメーラ ターボS E-ハイブリッドは、4リッターV8エンジンとエレクトリックモーターが680PSのシステム最高出力を発生し、卓越した性能と最高の効率性を見事に両立させます。このモデルは、ハイブリッドドライブシステムの採用によりラグジュアリーセグメントで最もスポ−ティな車です。

ハイブリッドモデルに対してはお客様からも大変ご好評をいただいております。市場発売以来、欧州で販売されたパナメーラ モデル全車両の約60%がこの最新ドライブを搭載しました。この数字はスカンジナビア地方で特に高く、約90%に達しています。

<本件に関する読者からのお問い合わせ先>
ポルシェ カスタマーケアセンター 0120−846−911
ポルシェ ホームページ https://www.porsche.com/japan/

2018/2/7


[+]
[+]

最終更新日:2018年 02月 14日

最新のECO関連プレスリリース

ページ上部へ

エコマートは
COOL CHOICEに
参加しています。

バナー・名刺用データのご提供

エコマート会員様は、CSR活動等にご活用できるエコマートのロゴを、貴社のWEBサイトや名刺に掲載することができます。

詳細はこちらから

協賛団体

  • 大阪商工会議所

    一般財団法人
    日本情報経済社会推進協会

    一般財団法人
    関西情報センター

    一般社団法人
    日本中小企業情報化支援協議会

    一般社団法人 中小・地方・成長企業のためのネット利活用による販路開拓協議会

    一般財団法人
    家電製品協会

    一般社団法人
    日本照明工業会

    一般社団法人
    日本ガス石油機器工業会

    日本工作機械販売協会

    一般社団法人
    東京都トラック協会 グリーン・エコプロジェクト

  • 一般社団法人
    東京都トラック協会 足立支部

    一般社団法人
    東京都トラック協会江戸川支部

    広島県倉庫協会

    一般社団法人
    日本居酒屋協会

    一般社団法人
    日本惣菜協会

    一般社団法人
    日本フードアナリスト協会

    一般社団法人
    新日本スーパーマーケット協会

    公益財団法人
    食の安全・安心財団

    一般社団法人
    日本フランチャイズチェーン協会

    一般社団法人 日本ホテル・レストランサービス技能協会

  • 公益社団法人
    日本ボウリング場協会

    一般社団法人
    おんなたちの古民家

    一般社団法人
    クラウドサービス推進機構

    一般社団法人
    日本医療機器ネットワーク協会

    公益社団法人
    国際観光施設協会

    一般社団法人
    日本エコ・アグリテクノロジー

    一般社団法人
    山口県情報産業協会

    一般社団法人
    データマーケティングラボラトリー

    一般社団法人
    ICT経営パートナーズ協会

    一般社団法人
    日本CFO協会

  • 一般社団法人
    廃棄物管理業協会

    公益社団法人
    日本ファシリティマネジメント協会

    一般社団法人
    日本消費電力削減協会

    建築改装協会

    特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウドコンソーシアム

    公益社団法人
    全国ビルメンテナンス協会

    一般社団法人
    日本ねじ工業協会

    一般社団法人ママクラブピーチな赤ちゃん福岡

    日本ねじ研究協会

  • 横浜グリーン購入ネットワーク

    一般社団法人産業環境管理協会

    一般社団法人全日本シティホテル連盟

    一般財団法人ボーケン品質評価機構

    オール日本スーパーマーケット協会

    一般社団法人アドバンスト・ビジネス創造協会

    一般社団法人日本フィットネス産業協会

    一般社団法人テレコムサービス協会

    特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

    公益財団法人岡山シンフォニーホール